読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

操(みさお)と窪田

吐血と喀血はどちらも口からの出血に変わりはありませんが、喀血というものは喉から肺をつなぐ気道(呼吸器の一種)からの出血のことで、吐血というのは無腸間膜小腸より上にある食道などの消化管から出血することを表しているのです。
老化が原因の耳の聞こえにくさにおいてはなだらかに聴力が落ちていきますが、大半の人は還暦くらいまでは耳の衰退をしっかりとは認識できないのです。
薬や酒に含まれるアルコール、化学調味料を始めとした食品添加物等を特殊な酵素によって分解して無毒化する機能の事を解毒(げどく)と呼んでおり、多機能な肝臓の果たす最も大切な任務のひとつです。
いわき市 車買取
体脂肪の量(somatic fat volume)はさして変動がなく、体重だけが飲食や排尿等により短時間で増減する際、体重が増えた人は体脂肪率は下がり、体重が減った人は体脂肪率が高まります。
ポリフェノール最大の特性はL-アスコルビン酸や脂溶性のビタミンEなどとは違っており、細胞の間の水溶性部分に脂溶性の部分、ひいては細胞膜でも酸化を遅れさせる作用をいかんなく発揮します。
20~30才代で更年期になったとすれば、医学的な用語で表すと「早期閉経」という病のことを指します(日本においては40歳未満の比較的若い女性が閉経する症状を「早発閉経(そうはつへいけい)」と呼んでいます)。
ビタミンB1不足が原因の脚気の症状は、主に手や足が何も感じない麻痺状態になったり下肢の著しいむくみなどが目立ち、病状が進行すると、悲しいかな、呼吸困難に陥る心不全などももたらすことがあります。
内臓脂肪タイプの肥満と診断されて、油脂の過剰摂取などによる「脂質過多(ししつかた)」、塩分の過剰摂取などによる「高血圧」、高血糖(こうけっとう)のうち2個以上に合致するようなケースのことを、メタボリックシンドローム(メタボリック症候群)と称しています。
胸焼けが特徴である逆流性胃腸炎は、食事内容の欧米化やスモーキング・お酒を毎晩飲む事・肥満症などの生活習慣が変化したこと、ストレスによって、最近、日本人に増加しているという病気だといえます。
体重過多に陥っている肥満はあくまで摂取する食物の栄養バランスや運動不足などが要因ですが、量が等しい食事だったとしても、かきこむように食べ終わる早食いをすることにより脂肪過多に陥っている肥満を招きやすくなると言われています。
メタボリックシンドロームとは断言されていなくても、臓器に脂肪が蓄積してしまうパターンの悪質な肥満を持つことに縁って、数多くの生活習慣病に罹患しやすくなります。
WHO(World Health Organization、世界保健機関)は、身体に害を与えるUV-A波の著しい浴び過ぎが皮ふ疾患を引き起こす可能性が高いとして、19歳未満の若い人がファッション感覚で日サロを使用する活動の禁止を強く先進国に求めている最中です。
陰金田虫とは、医学的には股部白癬(こぶはくせん)と称されている、かびの一種の白癬菌が股部、陰嚢(いんのう)、尻などの部位に何らかの理由でうつってしまい、定着した病気のことであり俗に言う水虫です。
虚血性心疾患の心筋梗塞というのは心臓の周囲を走る冠動脈の動脈硬化によって血管の内側が細くなり、血流が途切れ、重要な酸素や栄養を心筋に送ることができず、ほとんどの筋細胞が死ぬという危険な病気です。
緊張性頭痛というのはPC使用などによる肩こり、首の凝りから生じる最も多いタイプの慢性頭痛で、「締め付けられる強い痛み」「ドーンと重苦しいような耐え難い痛みと言い表される症状が特徴です。